ときめいたから仮想通貨を中心に投資の話を書くブログ

仮想通貨そもそも論

未分類

【ナウイスト(now-ist)】自分探しはもういいよ。今ある選択肢をまずやろう。

更新日:

[st_toc]

 

落合陽一の日本再興戦略では

手を動かすこと がもっとも大事

手を動かすこと

の大切さは強く語られている。

その中でMITメディアラボ所長の伊藤穰一さんの「ナウイスト」と言葉があるが

言いたい趣旨は同じなのだという

 

 

 

 

 

イノベーションを起こしたいなら

机上のプレゼンであーだこーど時間を使う間に

さっさと動くデモを作ろう

ということだ。

イノベーションを起こすためのベロシティーには

Deploy > Demo > Presentation

のような比較式が当てはまる。

 

とは言っても実際の現場では

予算がおりないと手を動かせないし

ある程度計画を立ててからじゃないと、誰も説得できないし

マッキンゼーは事業計画の最後まで描けと読んだことあるし

だからまずはかっちり計画しよう

と思いますよね。

確かにそれが当てはまるパターンもまだまだ多い。利益を追求する株式会社では大抵

そうだ。鵜呑みにせず臨機応変にナウイストを適用していけばいい。

でも

あなたがもしイノベーションを起こしたいなら

次の伊藤穰一の言葉を思い出そう。

Being Connected (つながると言うこと意識し)

Always Learning (常に能動的に調べ学び)

Fully aware (アンテナを高くはり)

Super Present (「今」に集中すること)

It's a now-ists (それがナウイスト)

 

まとめ

 

最後にもう一度落合陽一さんの言葉で

自分とはなんぞや、っていろいろ悩む自分探し病はこれからの時代ではないのです。

「今ある選択肢の中でどれができるかな?まずやろう」

くらいの方がいいんです。

 

自分探さなくていいんだーと。とりあえず動きながらまた思い返すくらいでいいんじゃないかなー

と思わせてくれますね。

 

-未分類

Copyright© 仮想通貨そもそも論 , 2020 All Rights Reserved.