ときめいたから仮想通貨を中心に投資の話を書くブログ

仮想通貨そもそも論

取引所

【FCoin (Fコイン) 取引所】1分で登録・口座開設 トークン デビュー

更新日:

こんにちは

FCoinは元HuboiのCTO(最高技術責任者)Zhang Jian氏が創業した仮想通貨取引所です。世界第3位のHuboiを作ったのに、何故新しく別の取引所を作ったんでしょうか?それは本当にブロックチェーンを生かした非中央集権型の取引所を作りたかったのでしょう。そして何より新しくいいものを自分の手で作りたいとうエンジニア気質もたっぷり覗けます。

FCoinホワイトペーパーにもありますが、FCoinは自立的に稼働するコミュニティー型の組織で従業員も極力省きCEOすら存在しない組織でブロックチェーンの仕組みを生かして、コミュニティーで自立して稼働する世界最初の取引所です。51%のFトークン(FT)はコミュニティーに対して発行されて、驚くことに取引所の利益の80%はFTホルダーに還元されます

実はまだBeta版なのですが、その取引量は相当なポテンシャルの持ち主です。取引高ランキングでも世界一の取引所となってしまうかもしれません。しかも自立型の非中央集権モデルを採用しているところがまさに未来型です。

ちなみにFcoinの由来はFは金融(Finance)という意味と未来(Future)という意味が込められています。

20ETHまでなら

メールアドレスだけで登録・トレード、入出金が全てできてしまいます

以下の手順でさっさっと数分で完了できます

 

早速、FCoinのアカウントを作ってみましょう

まずはこちらから FCoin 公式 

Fcoinに登録する

 

上記リンクをクリックすると入力フォームが現れますので、簡単に入力していきます。

必要事項を入力します。

と言っても本当に最低限の情報だけで、簡単です。

Refferal(Optional)は紹介者のコードになるのですが、紹介された方(あなた)にも紹介者にもメリットがあります。「Trans-Fees」というメカニズムによれば、ユーザーになる紹介者は、毎日のFTの形式で、以前の取引手数料費用の100%の払い戻しを受けることになります。ですので、よければそのままにしていただけると嬉しいです。

アカウント作成で進むと入力したメールアドレスにメールが届きます。

記載されたURLをクリックして進みます。

それでアカウント登録は完了!

取引のために本人確認は必要ないので、これだけですぐ取引できるようになります。

ここまでストレートに進めば

1分程度で取引ができるアカウントを作成できたかと思います。

 

 

FCoinの配当は利益の80%と破格

Coinホワイトペーパーにもありますが、FCoinは自立的に稼働するコミュニティー型の組織で従業員も極力省きCEOすら存在しない組織でブロックチェーンの仕組みを生かして、コミュニティーで自立して稼働する世界最初の取引所です。51%のFトークン(FT)はコミュニティーに対して発行されて、驚くことに取引所の利益の80%はFTホルダーに還元されます

ブロックチェーンは基本的にノード参加者で運営されています。うまく稼働する仕組みを作ってしまえばず〜っと勝手に稼働し続ける仕組みが生まれますよね。従業員がいらない、近未来のシステムはこのようなモデルが本当に増えていくのではないだろうかと思われます。

 

FCoinは20ETHまでの送金には本人確認が要りません

FCoinはイーサリアムの場合は20ETHまで、ビットコインの場合は2BTCまでの送金には本人確認が要りません。本人確認を提出すればそれが解除されるようです。できればそこを目指したいですね。

最新情報はこちらで確認ください

FCoin(Fコイン)での二段階認証設定

早速取引を始めたいところですが、より安全な環境にするためにひと手間だけかけましょう。

二段階認証とは、登録しているパスワードに加えてさらにもう一つ、認証用の入力を設けることで、不正アクセスされる可能性を下げるものです。仮に、パスワードが盗まれてもアカウントの不正使用を防止できます。仮想通貨は自身で資産を守る必要があります、少しでも盗難のリスクを下げるた二段階認証は必須というっても過言ではありません。

以下のようにアカウント画面から2段階認証の有効ボタンをクリックします

 

 

アンドロイドの場合はグーグルのGoogle認証システムをインストール

iPhoneの場合はグーグルのGoogle Authenticatorをインストール

(すでにインストール済みの方は必要ありません。)

 

インストールしたアプリでQRコードを読み取ります

下記のようなQRコードが表示されているので、Google認証システムのプラスボタン(追加)からバーコードスキャンを選択し、そのQRコードを撮ると自動的に認証コードが発行されます。認証コードは刻々と変更されているので覚えておく必要はなく、その都度見るかたちになります

アプリで表示される認証コードは以下のようなイメージです。写真はbinanceですが、exchnage.fcoin.comになっていると思います。

 

このQRコードまたはアカウントキーは、無くさないようにメモしておくプリントアウトして誰にも分からないように保管しておくことお勧めします。そうすれば万が一スマホをなくして二段階認証コードが分からないという事態になっても、別のスマホ等で二段階認証が再開できるからです。

 

お疲れ様でした

 

FCoinの今後のロードマップ

2018年の6月に公式オープということで、かなりのスタートダッシュで価格が高騰しているFCoinの本格オープンが間近ということです。

自立型の運営がどこまで利益を出し続け、さらに自立型で本当に継続運営できるのか期待を込めて見ものです。

 

FCoin (Fコイン)の口座開設のまとめ

いかがだったでしょうか。手続は完了できましたでしょうか?

まずはこちらから FCoin 公式 

Fcoinに登録する

 

言わずもがなですがメガバンク銀行口座の登録よりはるかに簡単だったと思います。また

日本の取引所にアカウントを作成されたことにある方もFcoin (Fコイン)での登録は数段楽だったかと思います。

これで将来の取引高が最大級になると言われているFCoinでの取引の準備が整いました

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

参照・参考

whitepaper

https://support.fcoin.com/hc/en-us/articles/360003738993-Deposit-and-Withdrawal-Time-and-Limits

-取引所

Copyright© 仮想通貨そもそも論 , 2020 All Rights Reserved.