ときめいたから仮想通貨を中心に投資の話を書くブログ

仮想通貨そもそも論

仮想通貨 基礎

仮想通貨の空売り

投稿日:

 

空売りを説明するのに、普通の利益の出し方といえば

安く買い、高くなったら売る

ですよね。

 

1BTCを400万で買い、

1BTCを800万の時に売る

と、400万の利益です。

 

空売りはこの逆です。

まず

今の相場が1BTC800万だとします

1BTCを800万で売り、

1BTC400万で2BTC買う

ということです。

 

?最初に「1BTCを800万で売り、」ですが、手元に1BTCを持ってないのに売る!?って思いましたか?

そうです。これが空売りです。

持ってないけど〇〇円分の証拠金を払って、それで売ったことにしてくれて、

で、将来下がったときに買い戻す権利があるからねー、という取引所との約束みたいなものだと、私は理解しています。

なぜこんあことやるか?

というと多分、下げ相場の時の資金を担保するため、でしょうかね?

取引所としては、基本BTCで売りが入りやすいの、お金が必要なんですが、そのお金の集め方として

の空売りという仕組みがある

のでは、とだいぶ推測でしかありませんが、そいういう理解をしています。

 

 

以上です。

 

 

-仮想通貨, 基礎

Copyright© 仮想通貨そもそも論 , 2021 All Rights Reserved.