ときめいたから仮想通貨を中心に投資の話を書くブログ

仮想通貨そもそも論

仮想通貨 基礎

暗号通貨の税金

投稿日:

 

免責:暗号通貨の税金について、自分なりに調べたことをまとめていますが、情報の鮮度や正しさを保証するものではありませんので、あくまで参考までとしていただき、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

2021年4月の時点では

仮想通貨収益は雑所得で

累進課税です。

つまり年収によって税率が変わってきます。イメージ的にはサラリーマンであれば給与の所得にプラスされる感じです。

年収500万の方が仮想通貨益200万だとすると、だいたい年は確定申告して年収700万相当と同額の税金をおさめる感じですかね。

 

抑えたいポイントとしては

年内(1/1 ~ 12/31)内の仮想通貨による利益は損益相殺できる。

翌年へ損益持ち越しはできない。

コインを売った又は交換した時点で利益確定となり、課税対象となる。

手数料などは共通経費とできる。

 

これにより

年内(1/1 ~ 12/31)内の仮想通貨による利益は損益相殺できる。 => 年末に税金分の売り注文が多く見られるのではないか。

時間がない方で収益がある方は、様々な代行サービスもでてきているので、それらを利用するのも良かもしれません。

パッとみたものでは個人プランで7万円というものがありました。高いですね。

以上です

 

 

 

-仮想通貨, 基礎

Copyright© 仮想通貨そもそも論 , 2021 All Rights Reserved.