ときめいたから仮想通貨を中心に投資の話を書くブログ

仮想通貨そもそも論

ICO

【ICOをシンプルに評価!】仮想通貨Orchid(オーキッド)はイーサリアムを超える!?

投稿日:

はじめに

キングオブコインを称する泉忠司氏や他数名のyoutuberからほぼ同時期に発信されたOrchidについて調査します。

ちなみにOrchidの意味は蘭です。

本記事は通貨の個人的な見解ですので、投資はあくまで自己判断でお願いいたします。

【目的】仮想通貨Orchid(オーキッド)の目的はインターネット制限の撤廃

目的はインターネットを再び自由に!

そもそもインターネットとは自由に誰でもデータにアクセスできることなのです。

それが実際、国によって規制されてしまっている国もあるのです。

この一枚の画像がうまく目的を表していると思います。

 

【問題】はネットワーク中立性(network neutrality

動画の冒頭でもあるように、中国に行けばgoogleもfacebookも使えない

と言う事実を述べています。

 

解決案

Orchid NetworkでOrchid ProtocolでRelayします

インターネットが中央集権に管理されている人は、Ochid Networkに参加料を払うことで自由に閲覧できるようになる。逆にOchid Networkに参加するノードは帯域を提供することでトークン報酬を受け取るような仕組みのようだ。

すいません。ホワイトペーパーが難解で、私ではまだわからない箇所が多すぎて正直よくわかっていません。

ホワイトペーパーはこちら

【ロードマップ】はまだない

ロードマップはまだないようです。

【強み、弱み、特徴】はやはりチームメンバー

Sequoiaなどの大手VCからシード投資として5億ほどを集めており

携わっているメンバーも業界でも有名だ

ちなみに

Sequoia Capitalは約1兆5000億ドル資産を運用する世界最大のベンチャー・キャピタルです。
のちに超大企業となった会社AppleやGoogle、Yahoo、Instagramなどのに初期から出資してきたようです。

redditによればVCのレートは3セントとあるので初期投資はやはりかなりお得なんですね。逆にプライベートセールではおそらく50セントくらいが相場なのではないだろうか。

有名どころはGavin Woodがアドバイザーを勤めているということ。彼はロンドン在住のエンジニアでイーサリアムではVitalikと一緒にイーサリアムを開発しました。

現在はparity technologiesのCTOを勤めておりweb3絡みの開発をしています。

あとはSeven Wはケンブリッジ大学卒業後、数々の会社を立ち上げてきた敏腕経営者です。

 

しかしロードマップがないなど透明性にかける点は投資リスクである

当然、資金があれば他の大手取引所への上場はしていくのでしょうが、

先の上場リスクで一点の懸念はbinanceで上場に不安がある。理由はSequoiaがBinanceを契約違反で訴訟しているおり、(link)まだ解決していないからだ。

 

 

 

技術概要

プラットフォーム Orchid !? 通貨記号 OCT
トークン規格 ERC 20互換 予定トークン総発行総量
市場規模 

【まとめ】

情報が少ない

資金調達力と技術力は高そう

競合はsubstratumか

 

 

 

参考参照

whitepaper: https://www.orchid.com/whitepaper.pdf

https://icodrops.com/orchid-protocol/

ico medium: https://medium.com/ledgerfund/orchid-protocol-ico-analysis-c72d7f3650c5

-ICO

Copyright© 仮想通貨そもそも論 , 2020 All Rights Reserved.